0120-410-314
主な買取作家

金澤翔子

金澤翔子(小蘭)は昭和60年東京都生まれの書道家です。幼いころにダウン症となります。5歳の頃より母から書道を学び全日本書道学生連盟に「花」を出展し評価を受けます。その後銀座書廊で「翔子 書の世界」を主宰します。平成24年には福島県に金澤翔子美術館を開設しその後もメディア、書籍で取り上げられることも多く現代を代表する人気書道家の一人です。金澤翔子は井上有一のように生き方までファンをとりこにしてまう何かがあるのでしょうか、買取、査定の世界でも人気書道家として今日の書壇に影響を与え続けております。

書道具買取専門「すみのあと」では書道家作品の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)